電気刺激を与える量が、脳卒中後上肢麻痺の上肢機能に与える影響は?

こんにちは〜ヒポ太郎です

今回紹介する論文はこちら

Dose-Response Relation Between Neuromuscular Electrical Stimulation and Upper-Extremity Function in Patients With Stroke

日本語訳的には『脳卒中患者における上肢機能と神経筋電気刺激の量反応についての関係』ってな感じですかね

今回の研究論文では、脳卒中後上肢麻痺に対して、電気刺激をあてる量と上肢機能の改善に関係があるかどうか?というのを調べた研究になります

2010年にStrokeから発表された論文で、ちょっと昔のものにはなりますが、ご紹介させていただきます

電気刺激については、近年も多くの論文が出ていますので、他の論文も読んでみてくださいね

では見ていきましょう!

注意:要約・解釈については個人の方法で行っていますので、実際に対象者に応用するときには、ご自身で原著を読んだ上で実践しましょう。記事の最後に論文リンクを貼り付けておりますので、記事を読み終わった後にぜひ原著をお読みください

もくじ

脳卒中後上肢麻痺に電気刺激をあてる量が増えるほどいいのか?

この研究論文での結論を述べると

脳卒中発症後3ヶ月以内の患者の上肢麻痺に対しては、NMESを行わないよりも行った方が上肢機能の改善が大きかった。しかし、1日30分のNMESと1日60分のNMESでの効果の差はなかった

ということになりました

今回の研究では対照群として、電気刺激なし群を設けていますが、それよりは電気刺激を行った方がいいという結果ですが、電気をあてる量の差については、30分でも60分でも差がなかったってことになったそうです

では詳細を見ていきましょう

研究背景

過去の研究では、神経筋電気刺激(NMES)は感覚運動機能の回復を促進するだけでなく、脳の可塑性を生成するという結果が出ています

しかし、これらの研究は、研究によってのバラツキが多かったようで、特定のパラメーターを定める必要があるといわれています

ですので、今回の研究では、急性期脳卒中患者を対象として、電気の用量(与える時間)が上肢機能の改善に与える影響を調べてみることにしたそう

対象者と方法

今回の研究対象者は、脳卒中発症後3ヶ月以内で片麻痺を有した入院患者としています

上肢能力の状態としては、BRSⅣ以下であることが条件の1つとなっています

対象者は以下の3群にランダムで振り分けられました

  • コントロール(対照)群:通常の入院リハビリテーションを受けた
  • Low(低)-NMES群:通常の入院リハ+週5回、4週間、1日30分のNMES
  • High(高)-NMES群:通常の入院リハ+週5回、4週間、1日60分のNMES

電気刺激を行う部位と評価については、以下の方法で実施されました

結果

Dose-Response Relation Between Neuromuscular Electrical Stimulation and Upper-Extremity Function in Patients With Strokeより引用

3群を比較した結果、対照群と比較して、両NMES群ともに良好な結果を示したが、NMES群同士での差はなかった

という結果になりました

電気刺激を行った方がいいのは確かであり、行う時間については1日30分程度のNMESで比較的いい効果が出るんじゃないか?ってことが示唆された研究でした

ヒポ太郎的解釈

論文の考察では、今回のNMES群同士での結果に差がなかったことは、両者の治療時間差が『30分』しかないことが1つの要因かもしれないと記述がありました

しかし、筆者は、臨床的に60分以上NMESを行うということが現実的ではないと考え、この設定にしたようです

確かに、リハビリテーションの介入時間は平均して20分〜60分が主と思います

その中で、介入時間全てにNMESを実施するということは、ほぼ困難です(その他の練習も必要だから)

そうなった時に、30分と60分での治療時間の差で効果の違いがなかったということはプラスに捉えてもいいのかな?と思いました

ただ、今回の論文では、電極貼付位置は記述があったものの、電気のパラメーターについては触れた記載がなかったので、おそらくは本人の耐えうる最大強度で流したのだと思われますが・・・不明です

ぜひ原著を読んでみてください

ヒポ太郎

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれると泣いて喜びます

Hipologの中の人

作業療法士|朝活365日継続(Twitter朝活)|ブロガー|インデックス・高配当株投資家|ブログ収入4桁|Instagramで医学論文要約を年間100記事目標に更新中|妻と2人の娘のパパ|医療人×Webの希少性を活かして、Webビジネスへ参入|分かりやすいスライド資料作成術

ご感想、ご質問など、なんでもどうぞ!

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる