速く歩くことが健康に!?

速く歩くことが健康に!?

こんにちは ヒポ太郎です

みなさん歩く速さって気にしたことありますか?

普通に生活していて歩く速さなんで気にしませんよね・・・・

実は歩く速度が遅い人は脳卒中になるリスクが上がる可能性があるという報告があります

時速4kmを下回る人は脳卒中リスクが上がる!?

1時間で4km歩く速度ってことです

これってまぁまぁ速いんですよ笑

でも少し気持ち速く歩く意識をすれば日常的に無意識で歩くことのできる速さです!

自分の歩く速度がわからないという方は

10m(15〜6m歩く内の前後数mを除いた自然に歩いている10mの歩行時間)だけ測ります。

10mが15秒だったとしたら

10m÷15秒=約0.66m/秒  1秒で0.66m(66cm)進む速さです

時速に直すには、1時間=3600秒ですから

0.66m×3600秒=2376m 時速2.37km程度となります。

って感じです。

正直計算は面倒ですね笑

なので、身の回りに「この横断歩道の信号変わるの速くね?」という横断歩道あると思います。

その横断歩道が

青から赤になるまでに渡り、余裕があれば時速4.0km

はあると思って頂いていいかと思います。

歩行者信号が変わるのには一定時間の決まりがあり、大体1秒に1m進む速さで歩くという前提で変わります(場所やボタン式などにより違いはあります)

ですので、横断歩道がギリギリでも渡り切れれば時速3.6kmはあるので、すこしの余裕がある人なら大丈夫でしょう。

日常的にすこしばかり歩くのを速くすることで健康的に過ごせるかもしれませんね!

参考論文掲載URL:

https://www.ahajournals.org/doi/abs/10.1161/str.50.suppl_1.TP520