【一般の方向け】理学療法士、作業療法士の働き方

理学療法士・作業療法士の働き方 リハビリテーション

こんにちはk-hipooです。

私は作業療法士として病院で勤務しています。基本的には作業療法士として働いている収入で生計を立てていて、兼業トレーダー、ブロガーとして副業を行なっています。

理学療法士や作業療法士といったリハビリテーション専門職の収入であったり、これからの働き方、将来性などを一般の方向けにUPさせて頂こうと思います。

理学療法士(PT)

理学療法士(PT)とは「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されています。

一般的にリハビリと言われて想像するのが理学療法士の方かと思われます。平行棒の中で歩く練習をしたり、立ったり座ったり、足をマッサージしてくれたりとそのような印象が強いのではないかと思います。

作業療法士(OT)

作業療法士(OT)とは「作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。 」と定義されています。(日本作業療法士協会の定義)

理学療法との違いは、理学療法が基本的な動作能力(立ったり、座ったり、歩いたりするなど)を改善させることに対し、作業療法は身体障害、精神障害を有しているものに応用的な動作能力(食事を食べる、服を着替える、トイレに行く、お風呂に入るなど)の改善を図るというところです。

どっちがいいの?

仕事の内容でいうと、向き不向きがあるため、どちらがいいというのは正直なところなってみないとわからないです。私も理学療法士を目指していましたが、大学入学の時に、希望大学の理学療法学科は受からず、作業療法学科へ進むことになりました。しかし、結果的に作業療法士で良かったと思っています。

私が作業療法士であるため、少し作業療法のオススメをお伝えしておくと、リハビリの対象者となる方々ととても近い距離で接することで、人と関わることの深さであったり、楽しさを知ることができます。

理学療法士が行う基本的に体が動くようになることも大切なのですが、人にとって大切なのはそこから先の「どのように生活していくか?」のリハビリだと思うからです。

病気や怪我から回復して、体を動かす練習をして、そこから生活をしなければなりません。食べて、歯磨きして、トイレに行って、着替えて、仕事に行って、風呂に入って、寝る。この生活こそを支援するのが作業療法です。

また、作業療法には大きく分けて身体障害分野と精神障害分野があります。私は身体障害分野で働いていますが、精神疾患を持たれた方を専門的に見ることのできる数少ない専門職でもあります。

進路はどのように決めたら?

理学療法士と作業療法士では受験の時点でどちらの学科(専攻)に進むかを決めなければなりません。入学してからどっちか選ぶわけではありませんので気をつけてください。

今は専門学校も多く、3年制のところも4年制のところもあります。私は大学を出ましたが、専門学校3年制はカリキュラム的にかなりきつそうですね。できれば大学に進学することをオススメするのと、開設して歴史のある学校の方が入学後にメリットがあることがありますので、新設校に行かれる時には、入学後に多少きつい思いもするかもしれませんので頑張ってください。(実習地の確保や就職先での先輩、全国との繋がりなど)

国家試験は難しい?

ここ数年の国家試験は徐々に難易度を上げてきています。それは国が理学療法士、作業療法士を「増やす」という方針から「質を高める」という方針に変えてきたからです。

年々資格者数は増え、徐々に飽和状態となりつつあります。その中で優秀な人材に資格を与えたいというのが真意でしょう。

2018年度では理学療法士の合格率81%、作業療法士76%でした。我々の時代は90%程度あったのが当たり前でしたから、難しくなっていることは数値的にも示されています。

逆にいうとそれだけ国からこれからの活躍の期待を背負っているとも言えます。

働く現場は病院?

昨今リハビリテーション専門職の職域はどんどん広がりをみせています。かつては病院勤務がほとんどでした。しかし、今では老人保健施設や通所・訪問リハビリテーション施設、個人開業の病院、クリニック、行政(市役所)、刑務所など様々な現場で働くことができます。

現場が病院だけではなくなったために、日々学ばなければならないことも多く、これから高齢化が進み、介護保険費が圧迫するなかで、必要とされる職域にいることができると思われます。

給与面は?

これは理学療法士、作業療法士ほぼ変わりません。基本給は働く地域や病院によって大きく変わりますが大体初任給18〜25万円程度、多いところで30万円といったところでしょう。

手当で調整している所もありますし、基本給とボーナスで調整している所もあります。10年働いて大体年収350〜450万円程度(役職でない場合)ですかね。

将来性は?

どちらの職種も将来性はあると思います。これからの時代はAIやロボットがどんどん主流になってくる時代です。その中でも、リハビリテーション専門職というのはAIやロボットにとって変われない職業のランキングにも載っているレベルです。(アメリカのオックスフォード大学から発表された「未来の雇用」による)

特に作業療法士はトップクラスでなくならない職業にランクインしています。

最後に

現時点で作業療法士を行なっている私からアドバイスできるとしたら、人と関わることが好きで、利己主義よりも利他主義になれる気持ちがある方はとても好きになれる仕事だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました